ヒプノセラピー

三木店のみ

ヒプノセラピー(催眠療法)は、通常の意識(顕在意識)も保ちながら、セラピストの催眠誘導によって、心と身体を深いリラックス状態に導き、普段は閉ざされている無意識の領域(潜在意識)へ アクセスしていく心理療法です。

潜在意識の中にある膨大な情報の中から、必要な記憶をすくい上げ、問題解決や自己成長に繋げていきます。

セラピストは、あなたの潜在意識の中にどのような記憶があり、それがどのように作用しているのかを、あなた自身が認識していくためのお手伝いをします。

その結果、あなたは自らの潜在意識からメッセージを受け取り、気づきや癒し、そして本来のあなたらしさや自信を取り戻すことができます。

催眠療法(ヒプノセラピー)は、現在、米国ではカウンセリングと同じように、一般的に利用されています。

催眠療法は、1955年に英国医師会(British Medical Association)が有効な治療法として認めています。

米国医師会(American Medical Association)も1958年に催眠を有効な治療法として認めています。

【催眠状態について】

催眠の歴史は古く、古代エジプトまでさかのぼると、文献には残っています。
現代では、医療や健康分野以外でも、スポーツ、アート、教育訓練、ビジネス、エンターテインメントなどの領域でも広く利用されています。

また、誰でも日常的に催眠状態を経験しています。
例えば朝起きて、まだ布団のなかにいて半睡状態のとき、読書や創作などに集中して何かをしているとき、湯船につかりリラックスしているときなどはすべて催眠状態なのです。
普段の意識はありますが、『もうこんな時間!?』と実際より時間が早く過ぎるように感じるのが催眠状態の特徴です。

人の意識には顕在意識(表面意識)潜在意識(無意識)と呼ばれているものがあります。
顕在意識は、私たちが普段の生活で使っていて自覚することのできる意識です。一方、潜在意識は当の本人でもはっきりと自覚できていない部分の意識です。
顕在意識は、全体の10%以下と言われており、海に浮かぶ氷山の海面から頭を出している部分と例えられます。
一方、90%以上が潜在意識で、こちらは、氷山の海面より下の部分に例えられます。
圧倒的に、潜在意識の占める領域のほうが大きいのです。

このことからも分かるように、私たちは無意識の潜在意識の影響力を多大にうけて生きています。
潜在意識の力は顕在意識の50万倍以上、途方もない能力差だとも言われています。
潜在意識の中には、過去の膨大な記憶や創造力や想像力、直観力などがあり、無限に広がる宇宙とつながっているとも言われています。
そして、全ての人の潜在意識の中には、今よりよりよく生きる力があります。

催眠状態は、顕在意識と潜在意識が混在する状態です。
通常の意識は常にありますから、催眠ショーのように『操られる』ようなことは決してありません。
催眠は受動的ではなく、能動的なものなので、本人が『催眠にかかりたくない』と思っている場合は、催眠には入れません。
『催眠にかかりたい』という気持ち、すなわち術者に協力する本人の意志がなければ入れません。
催眠はすべて自己催眠なのです。これに例外はありません。

催眠の効果には、リラックス、癒し、気づき、自律神経を整える、免疫力アップ、創造性が広がる、願望実現、感情の浄化、などがあります。
催眠状態になると心を開き、前向きな暗示を受け入れやすくなります。
その心の状態を利用して悩みの解消、対人関係の改善、習慣や癖の改善や除去、能力開発、ストレスや痛みのコントロール、自己変革、自己探求、使命を自覚することができるのがヒプノセラピー(催眠療法)です。

年齢退行療法

今抱えている問題や悩みの原因は、潜在意識の中にある過去の記憶からきています。
悩みや問題は、木で表すと枝葉の部分です。
そしてその原因の部分が、木の根っこにあたります。

枝葉をいくら処理しても、根っこへのアプローチがなければ、問題は何度も繰り返されます。
潜在意識の扉を開き、過去の記憶の原因となっている場面までさかのぼり、記憶の解釈の変容や癒し、気付きを得ることで解消していくのが、年齢退行療法です。

また、普段は意識されることのない潜在意識の中のあなたのインナーチャイルド(傷ついた幼少期の自分、もしくは本来の自分自身)の声に耳を傾けて、その傷を癒すことは今の現実世界を生きる大人のあなた自身の問題を解消したり、前向きな変化を起こします。
インナーチャイルドがきらきらと輝く本来のあなた自身であった場合にも、本来の自分自身を思い出した大人のあなたは、さらにより良い人生を歩いていけるようになるでしょう。

『自信がない』

カウンセリングをしていると、多くの人がこの言葉を口にされます。
これは『自己肯定感の低さ』を表しています。
ではこれはいつどこでつくられるのか。
それはほとんどの場合、幼少期の親子関係が原因になっています。
本来、人は無条件で存在が許され、愛されるために産まれてきます。
しかし子供のころ他者と比較された、頑張らなければ認められなかった、虐待をうけたなど、さまざまな不都合な経験や思い込みが、潜在意識に入り込んでいると、そのことが原因で存在価値の低さや存在否定につながります。
赤ちゃんは、愛の存在です。
しかし、人は成長過程で自分自身を守るために、さまざまな防衛を身につけていきます。
それは、生きていくために、自分が再び傷つかないために必要だったのですが、それを繰り返すことは本来のあなた自身を忘れさせ、あなたらしく生きることを遠ざけます。
インナーチャイルドを癒すことで、自己肯定的感を上げることができ、すなわち自信を持って生きていくことができるようになるのです。

前世療法

この療法の目的は、前世が本当にあるかどうか知ることではなく、その人の潜在意識から湧き上がってきた前世と思われる人生、その一連のストーリーを体験し、それを大きな視点でとらえることで、今の悩みや問題の原因に気づいたり、今の家族の元に生まれてきた理由が分かったり、生きる意味や使命に気づいたり、大きな癒しを得ることができます。

そして今の人生を前向きに生きることができるようになります。
それにより、医学的に説明しがたいですが、身体症状が良くなることもあります。

当サロンで行う前世療法は、前世療法の世界的権威であるブライアン・L・ワイス博士open_in_newの高い志を受け継いで行っています。
施術をするセラピストは渡米し、直接ワイス博士のトレーニングを受けております。

ブライアン・L・ワイス博士

コロンビア大学卒業。1970年、エール大学医学部で医学博士号を取得された高名な米国の精神科医。
マイアミ大学医学部精神科教授、マイアミ大学附属病院精神科医長を兼務。

治療のために催眠療法を施療中に、クライアントが前世まで退行し、病気がすっかり治ってしまった、その研究を通して「前世療法」の手法を確立し、世界中に広めた偉大な功績をおもちです。
当時のワイス博士もこの時のクライアントも、無宗教で全くの唯物論だったそうです。

ワイス博士は、人間が生きていくうえで最も大切なことは、『愛』『慈愛』『親切心』『平和』である、と繰り返し訴えられています。
ワイス博士の深い人間愛と高い精神性、深い人間洞察、科学者としての誠実さに、感銘を受ける人は少なくありません。

現在は、フロリダ州マイアミ市にワイス・インスティテュート(ワイス協会)を設立され、夫人のキャロル・ワイス氏、スタッフとともにクライアントの治療・セラピーにあたる傍ら、講演、セミナー、ワークショップ活動などを行っており、世界中の多くの人々の支持と尊敬を得ていらっしゃいます。

ワイス博士の初の著書『前世療法』(原題:MANY LIVES, MANY MASTERS)は、1988年に刊行。
現在、世界のおよそ30カ国で翻訳・出版され、世界的ベストセラーとなっています。

願望実現

叶えたい夢がある、なりたい自分になる・・・

催眠状態で、夢や目標を達成したときの自分自身の姿をリアルにイメージし、体験することによって願いを叶えていくのが、このセッションです。

願いが叶ったそのときの感覚や感情を、潜在意識に深く刻みつけていきます。

スポーツ選手が、成功イメージを繰り返し行いイメージトレーニングを行うことは、オリンピックでメダルをとるような選手はすでに一般的に行っており、日本でも最近広く取り入れられています。
『 引き寄せの法則』とも言われていますが、成功する過程を考えると目標を達成することは難しいとか、叶える手段、方法が分からないとか、人はいろんなできない理由を並べて自分で壁を作り、あきらめてしまいます。
もしくは、表面意識ではそうしたい!と言っていても、潜在意識で無理!と思っていると、叶わないものです。

潜在意識に成功イメージをしっかり入れていくことが、願望を達成する近道になるのです。

余談ですが、昨年イマジネーションの力を利用して勝っていく、戦隊ものの子供番組が放送されていました。
12才~13才くらいまでの子供は、常に潜在意識の扉が開いているので、そのままで催眠状態ですから素直な子供に『イマジネーションの力のすごさ』を子供番組で伝えていたことに感心しました。

サブパーソナリティーセラピー(副人格療法)

人には光と影、善と悪のように誰にでも、二面性(副人格)があります。その人のためにあるのですが、その力関係によっては苦んだり、迷ったりします。
この副人格の関係をあきらかにし、問題を修正するのが、サブパーソナリティーセラピーです。

例えば、原因不明の怒りの感情や原因不明の罪悪感などがある場合、その感情だけをもったもう一人の自分自身を、目の前に出して『なぜ自分の中にいるのか』など対話をします。
ゲシュタルト療法の技法の一つである、エンプティチェアを催眠療法で行います。

インナードクターヒーリング(内なる医師)

インナードクターとは、サブパーソナリティ(副人格)の一種で、自分自身の自然治癒力とも呼びます。

病気や症状の原因がどんなとこからくるのか、改善策などクライアント自身が自分の潜在意識と向き合い、解放していく心理療法です。
医療行為ではありませんので、身体症状がある場合、まず病院の受診をおすすめします

グリーフセラピー(悲嘆療法)

身近な方で、すでにお亡くなりになった方の魂と出会い、伝えられなかったことを伝えた、聞きたかったことを聞きます。
それにより、抱えていた心のしこりをとり、問題を解決する心理療法です。

グリーフセラピーは身近な方がお亡くなりになられたことで、罪悪感や後悔の念をお持ちの方に有効です。

こんな方におすすめです

対人関係の悩み

親子関係の悩み

夫婦関係の悩み

恋愛の悩み

自分の使命をしりたい

パニック障害

うつ病

恐怖症

不安症

強迫神経症

自律神経失調症

使命を知りたい

夢を叶えたい

目標を達成したい

癒されたい

リラックスしたい

自律神経を整えたい

自分ばかりいつも辛い目に遭う

誰にも愛されていない気がする

何をやっても自信がない

原因不明の恐怖感や怒りがある

人生がつまらない、生きる希望がない

どんな目的を持って生まれてきたのか知りたい

なぜ今の両親のもとに生まれてきたのか

コース・料金

お薬をのんでいる方、現在精神科、心療内科通院中の方は、医師の許可が必要です。

※サブパーソナルセラピー、グリーフセラピー、インナードクターは単独で行わず、実施する場合は「年齢退行療法」「前世療法」「願望実現」のいづれかに組み合わせて行います。

Aコース・・・20,000円
所要時間:2~3時間


Bコース・・・50,000円
継続3回セット
※初回のみ3時間、以降2時間 ※初回から半年以内に3回目まで受けていただきます。


施術可能時間
火曜日・木曜日の10:00~13:00
土・日・祝は要相談

ブライアン・L・ワイス博士とニューヨークにて

ブライアン・L・ワイス博士とニューヨークにて